05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-03-21 (Sat)
 18日(水)は娘の幼稚園の卒園式でした
行くまでは本当に気分が乗らなかった私。
ウィッグで幼稚園行事に出かけることがすごく恐怖で仕方ありませんでした。
風が強かったらどうしよう…誰かにウィッグのこと聞かれたらどうしよう…聞かれなくてもどう思われてるか…いろんなことを考え出したら夜も眠れなくなるくらい辛かった。

当日は風もそこまで強くなく、いいお天気に
パパさんにも仕事を休んでもらい、私の母親も出席してくれました。
娘の名前が呼ばれ、卒園証書を受け取る瞬間は本当に感動で嗚咽

明日がくるのは奇跡。
今日、この日を迎えられたことに感謝。

式が終わり、それぞれのクラスの教室に移動して先生からのお話。
うちのクラスの先生はとても感動やさんで式の間もずっと泣きっぱなしでした。
先生の話の後、父兄の方からも一言ずつ…ということになり、私の番に。
頭の中で考えていた言葉を言おうとした瞬間・・・急に感情が爆発してしまい、号泣。
目立ちたくないから早々に終わらせようと考えていたのにオーノー
結局何をしゃべっているのか意味不明なまま終わらせてしまい恥ずかしい思いをしてしまいました。
娘も「お母さん、みんな見よったよ~」と苦笑い。

娘は年中からの2年間、この先生にお世話になりました。
先生は私の病気のことも知っていて、色々と娘の心のフォローもしてくれました。
給食が嫌いで残してばかりの娘、おもらしばかりの娘、色々と手のかかる娘をいつも笑顔で時には厳しく見守ってくれました
そんな先生との2年間を思い出すと今でも涙がでてきそう

4月からは下の息子が3年保育でお世話になります。
また同じ先生のクラスになったらいいのになぁ~と淡い期待を胸に抱きつつ。
そして息子の3年後の卒園式も、再発・転移もなく元気な状態で迎えられますように…
本気でそう願います。

この前まで赤ちゃんだった子供たちも6歳と3歳。
こんなに大きくなったんだよね。
でもまだまだお母さんの存在が必要
だから母ちゃんはもっともっと生きなければいけません
癌ちゃんなんかに負けてはいられません
スポンサーサイト
| 日々の出来事 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。