09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-12-17 (Wed)
 前回の記事では本当に皆さんから元気と勇気をわけてもらいましたkao06
本当にありがとうございましたLOVE
あんな後ろ向きで愚痴だらけの私の日記のためにたくさんのコメントをくださり感謝しています。
いつかは終わりが来ることを信じて…今は前向きに治療をがんばります!!

昨日は外来病院でした。
1週間前にFEC③を受けたときに肝機能の数値が上昇していたのでそれからずっと気になっていました。
ウルソというお薬を1週間分出してもらい様子を見たのですが、その間に色々と肝転移についてばかり調べてしまい気が気ではありませんでした。
娘を幼稚園に送り出し朝一番で病院へ向かいました。
今週は個人懇談の週なので帰りが早いのです。

今回も採血に失敗されアップロードファイル、結果が出るまでの間(約1時間)退屈な時間を過ごしました。
この日の主治医は機嫌がよかった(笑)ので、何だか色々と聞きやすかったからよかった。

術後3ヵ月毎にエコー(超音波)をすると言われていたのだけれど、気づけばもう3ヶ月。
先生は何もいってこないからいいのか?とも思ってたけど何だか気になったので聞いてみました。

私「先生、術後3ヶ月のエコーはいつするんですか?」
主治医「えっ?あれ、忘れてるね ̄□ ̄
パラパラと慌ててカルテをめくる。
主治医「どうする?いつ来れる?」
私「え~っと…」
主治医「今日やっちゃうかい?」
私「え、今日ですかkao04
時間がかかるんでないかい?幼稚園のお迎え間に合うかしら。
しかも何の準備もしてきてないけど、心の準備も…えーん
主治医「うん!今日やっちゃえ、やっちゃえ!

というわけで何の準備もなく突然術後3ヶ月のエコー(超音波)を受けてきました。
"何かうつったらどうしよう…"正直どきどきでした。
まだ術後の傷周辺はピキピキ傷むのに、そんなところにエコーの器具を転がすのか~と思うとすごく怖かったです。
検査技師さんは3ヶ月前に検査してもらった年配の男性でした。
術後の右胸の上を骨の間に入れ込みようにして満遍なく検査してもらいました。
3ヶ月前の気持ちを思い出しながら…私は検査の間ずっと薄暗い部屋の天井をただ見つめていました。

術側は鎖骨・わき…すべて問題は見つかりませんでした。
そして実は私、残された左胸にもしこりがあるんです。
でもそれは前回の検査入院のときに針生検までして繊維線種だということがわかっているのでそれも大丈夫だということでした。

前回出ていた肝機能の数値上昇も今回は治まっていたので一安心。
ただ風邪引いて喉が真っ赤にはれ上がっていたので、そのせいでか白血球が上昇上
とりあえず風邪薬と抗生剤をもらって帰ってきました。
最近両腕がだる重で、もしかしたら浮腫の予兆かも…と相談してみたけどあんまり気にしてはもらえなかった´д`トホホ
お風呂での毎日のリンパマッサージにストレッチとかかさないようにがんばってはいるけれど、浮腫にはなってほしくない。
これ以上日常生活に支障をきたすことはおこってほしくない。

次回は2008年の締めくくり、12/29(月)にFEC④予定です。
スポンサーサイト
| 乳がん | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。