05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-01-13 (Thu)
 昨日は病院の日でした。
実は、先月にエコーをしたんだけど、その結果に疑問を持ったまま年を越し…心にモヤモヤを抱えたままの1ヶ月でした。
残った左胸にもしこりがあるんだけど、それは針生検もしたしとりあえずは良性で間違いないということでずっと3ヶ月毎のエコー&6ヶ月毎のマンモで経過観察してきました。
それが日が経つにつれて痛みがまし、痛む頻度も増えてきて、私の不安も大きくなっています。
だって右側のときも痛みがあって癌だったものだから痛みには敏感になってると思います
でも毎回検査で「大きくもなってないし大丈夫だよ。」で今まで来ていたのが、先月のエコーで「なくなってたよ、よかったね」で済まされたものですから…"そんな簡単に消えるわけないだろぉ~!!""絶対に見落としてるんだ~!!"という気持ちが生まれさらに不安倍増

だから今回の外来で先生にちゃんと言ってもう一度診てもらったほうがいいと主人にも厳しく言われ病院に向かいました。
この日はたまたま外来の看護師さんが病気発覚当時からのお付き合いでよくしてくれる方たちばかりだったので採血してもらってるときに看護師さんに相談してみたらちゃんとたくさん話を聞いてもらえたのでホッとしました

そして私のカルテを見ながらこっそりとですが左胸のしこりのことを教えてくれました。
主治医からはしこりがいくつあってどういうものなのかなんて説明は受けていなかったので、左胸に2箇所しこりがあることもはじめて知りました。
1箇所は間違いなく良性のもの。
もう1箇所のやつはちょっと注意が必要なもの。

で…今回消えていたと言われたのは"ちょっと注意が必要"なほうでした。
その看護師さんは面倒くさがらずに、何でも親身になって話を聞いてくれるし、冗談交じりの会話もできるし、時には主治医の悪口…話もしちゃいます
私の大好きな看護師さんの一人です
この日彼女が担当してくれなかったら話せないまま終わってた気がします。
気になることは何でも言ってください。と患者の気持ちになって対応してくれるから大好きです

主治医に話したところ、もう一度ちゃんとエコーで診てもらおうということになりました。
お金はかかるけどこのままでは生きた心地のしないまま3月のエコーまでモヤモヤを引きずることになるのでよかったです。

今回のエコーの技師さんは今までにも何度か診てもらった事のある若くて美人な方。
そして「私がここで言うことではないんですけど…」と小声ですが、「今までここにあったものが、今こうして写してみても写ってないんです。だから、なくなってはないにしても、エコーに写らなくなるくらい小さくなるということはまず悪性ではないから大丈夫ですよ。」とここでも女性の優しさを感じました。

その後、主治医のところに呼ばれましたが、想像通り簡単に「やっぱり大丈夫だったよ。」で終わりましたが
まぁいいんです。
その淡々さ加減がお気楽で、私のほうからもズバッとチクッと言いやすいから(笑)

左胸のもやもやからはこれでしばらくは解放されそうです。
そしてゾラデックス⑬を終え、タスオミン28日分を処方され終了。

その後、リンパ浮腫の右腕の測定をして病院を後にしたのが12時。
ふえ~疲れますなぁ
バタバタとウエストうどんをかっ込み、買い物をして帰宅。
そうこうしないうちにチビのバスお迎えの時間。
病院の日はいつもバタバタ、遠いからいつもとんぼ返りなのです。
スポンサーサイト
| 乳がん | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。