12≪ 2009/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-01-30 (Fri)
 私の風邪がやっと治ったといえる状態になったかと思ったら、次は娘ですえーん
今週になってからやたらとあおっぱな(色のついた鼻水)を出すようになり、喉が痛いと訴えるようになりました。
朝起きてきたら鼻の穴はびっしりと黄色い鼻くそで埋まり(汚くてごめんなさい無言、汗)、目やにまで黄色くびっしり。
そんな日が2~3日続いたけど、日中は元気なので幼稚園をお休みすることもなく普通に暮らしてました。
うちの幼稚園でもインフルエンザが流行っていて、たくさんの園児がお休みしていたので「あと少しで卒園だし、最後の行事も色々あるからお休みさせないようにがんばろーねー」なんてマンションのママ友ともお話していた矢先…。
水曜の夜中に発熱と嘔吐アップロードファイル
木曜は幼稚園をお休みして病院へ。
インフルエンザと溶連菌の検査をしたら溶連菌にビンゴ落ち込み
インフルエンザじゃなかっただけでも救いでしょうか。
抗生物質と喉の炎症を抑える薬をもらい帰ってきました。
熱も下がり、喉の痛みも訴えなくなったけど、全然食べることができなくて、何か口にしてもすぐに吐いてしまう…そんな状況でさすがの娘も一日寝てました。

今朝も幼稚園はお休み。
溶連菌も出席停止扱いになるそうでお医者さんの許可がおりないと登園させてはいけないそうです。
知らなかった。
この週末でしっかり治して月曜~は行けたらいいんだけど。

私もうつらないように必死 ̄□ ̄
でもせっかく治った喉の痛みがまた復活した感じがします…。
悪化させないようにしなきゃ絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
| 日々の出来事 | COM(6) | | TB(0) | |
2009-01-28 (Wed)
2008年8月27日(水) 

 クリニックからの紹介状を持って初めて訪れた病院。
ここがこれから私がお世話になる病院なのか…。
そこまで大きな病院ではないが、乳腺外科はとても混んでいる様子。
私が診ていただく先生は副院長ということもあり、かなり待ち時間も長いようだ。

再度エコーにマンモグラフィー。
今回のマンモは右乳だけでも10枚以上は撮った気がする。
痛みと緊張でまたまたわき汗びっしょり絵文字名を入力してください
途中からは痛いとかどうでもよくなってされるがまま…とにかく早く終わってほしかった。

一通りの検査を終え、最後にやっと先生とご対面。
HPの写真で見たとおりの優しい感じの先生だった。
触診と視診を終えた後、先生からは「間違いなく癌が3ヶ所あるね。でもこのしこりに自分で気づいて病院に来たんでしょう?そのことをすごいと思わなきゃ!!」と笑顔で明るく言われた。
その明るさが私には嬉しかった。
前のクリニックでは今にも消え入りそうな暗い声で乳がん告知され、私は助からないんだ…という気持ちにさえなってしまったから。
だから先生によって告知の仕方もこうまで違うんだなぁと勉強になった。

二人の先生に言われて共通だったことは、私の癌は画像で見ただけでは判断しにくいものだったということ。
見る目のない病院だったら"ただの乳腺症だろう…"で流されていただろうとのこと。
そして、たとえ毎年乳がん検診を受けていたとしても、1年前あなたの癌に気づけていたかというとそうではなかったかもしれない。ということ。
毎年ちゃんと検診を受けていたにもかかわらず、見落とされている現実も少なくない。
だからこれから健診を受ける方には、きちんとしたところで検診を受けてほしい

この日、ロビーでは私の母親と主人・2人の子供が待っていた。
もちろん先生とも話をするつもりできていた。
看護師さんが家族を呼びにいっている間、先生と私の二人っきりに。
私はいろんなことを考えていて何も言葉が出てこなかった。
すると先生から「がんばって治しましょう」という言葉と優しい笑顔をいただいた。
そこで私は初めて気持ちが救われた気がした。
声を震わせながら「治るんですか?」と言った気がする。
「治るよ。大丈夫。治療をがんばろうね。今は思いっきり泣いていいんだよ。我慢してたら気持ちが押しつぶされちゃうから。だから今は思いっきり泣きなさい。それから気持ちを切り替えて治療がんばろう。」

涙があふれた。
私はこの言葉が欲しかったのです。
今までピンピンに張っていた糸がプツンと音を立てて切れた気がした。
母や子供の前では絶対に見せなかった涙をこの時たくさん流してしまった。
でもそのおかげで気持ちの整理がついて治療に望めたと思う。

9月1日~4日 検査入院
9月10日    結果報告
9月15日    入院
9月16日    手術

今後の予定を決め、病院を後にしたときには5時間が経過していたアップロードファイル
私は乳がんがわかり、2つの病院にかかったのである意味セカンドオピニオンだったけど、今は治療方針や手術のことで少しでも疑問に思うことがあればいろんなお医者様の意見や考えを聞くことも大切だと感じます。
私はこの病院で手術・治療したことを今でもよかったと思うし、これからもこの先生を信じて治療をがんばっていこうと思います。
| 乳がん | COM(2) | | TB(0) | |
2009-01-22 (Thu)
 3週間も延期になっていたFEC④アップロードファイル
ようやく1/19(月)にできました~bikkuri01
今回の採血は本当にどきどきでした。
喉の痛みも以前に比べれば治まりつつはあったけど、まだ喉も痛かったし、咳も出ていたので心配でしたが…採決の結果数値的には問題なかったしOKが♪

治療は辛くて嫌だけど、今回ばかりはOKが出て嬉しかった♪
副作用の方も今日あたりからようやく抜け出れた感じですあ
1ヶ月以上も抗がん剤やめてたら髪の毛が生えてきたkao04
頭皮が黒々としてきてるの(笑)
まぁこれもまたすぐに抜けちゃうんだけどね。

最近幼稚園行事が続いています。
先週はもちつき、今日は自由参観でした。
ウィッグ生活になってから本当に人と会うことが億劫になってしまっています。
先日はとってもショックな出来事が。

幼稚園行事に出かけるときはウィッグの上から帽子を被って参加しています。
普段帽子を被らない私が毎回会うたびに帽子を被っているのが不自然に思うお母さんもいるんでしょうね。
3週間も長いこと入院していた間、娘が幼稚園をお休みしていたことも気づいているから何か私の体に異変が起こったということを感じているお母さんもいるんでしょうね。

私が仲良くしているママともが「○○ちゃんのお母さんって癌じゃない?」ってストレートに聞かれてるんです。
「いっつも帽子被ってるし、顔が何かむくんでる。抗がん剤治療とかしてるんじゃないの?」
って無言、汗
そんなことストレートに言われた友達も動揺しながらも「違うくさ~!!詳しくは聞いてないよ。本人に聞いてみたら?」とごまかしてはくれたらしいけど、突然の出来事でうまくごまかせてなかったかも・・・と。

何だかそれからそのお母さんに会うのがすごく嫌になってしまって。
いつも会ったら普通に話したりしている仲だけど、そういう目で見られていたと思うと何だか怖くなってしまいました。
私本人にこっそり聞いてくれればいいのに、周りから聞き出そうとするのが怖いです。

どの程度の付き合いの方にどこまで病気のことを話すべきか・・・。
皆さんはどうしてますか?
私はとにかく今は…とにかく抗がん剤の治療が終わって髪の毛が生えてくるまでは…そっとしておいてほしい…そんな気分です。
今はとにかく治療に専念して、落ち着いたころ"実はこうだったんだよ"と話せるときがくるまでがんばりたい。

でも周囲の人は私の見た目の変化に興味を持ち、好奇心からそれを聞き出そうとする。
聞き出したところで何か支えになってくれるのでしょうか。
私は周囲の目に耐えられなくなり、治療にも支障が出てしまうのが怖いんです。
卒園式・入園式・入学式…帽子が被れない時が日々迫ってきます。
本当に考えただけで辛い。
| 抗がん剤 | COM(9) | | TB(0) | |
2009-01-14 (Wed)
 年末に風邪のため2週間延期になっていたFEC④
先週外来で血液検査してもらった結果、白血球も正常数値に戻ったし、炎症反応も治まったので13日(火)に予定していました。
私も今回は2週間もあいてしまったし、絶対にできる絵文字名を入力してくださいと信じて病院に行きました。

まだ喉は痛かったけど、先週の検査で大丈夫だったんだから…と思っていたのに。
病室に入り、病衣に着替え1日入院モード。
ベッドに横になりいつもの採血
結果が出るまで1時間くらいかかるのでいつものように携帯携帯いじったり、同室のおばちゃまたちとお話しながら時間を潰しています。
昼食の時間になり「今日はうどんかぁ」なんてのん気に食べてたら主治医の先生がやってきた。
先生:「○○しゃん、うどんおいしそうだね♪風邪かい?だめだよ~。また白血球上がっちゃってる」
私:「えぇぇ!!だって先生この前大丈夫だったから今日にしたんですよ」←ちょっと切れ気味な私
先生:「仕方ない。2週間延期…」
私:「えっ!!この前もできなくて2週間後のリベンジが今日だったんですよ」
先生:「おぉぉ~そうか。」

というわけで、とりあえず抗生剤を出してもらい1週間後に延期になりました。
2回目までは順調にきたのに、3回目で1週間延期、4回目は3週間延期…。
来週できるかもわからないし
正直こんなに間があいちゃって大丈夫なのか不安です。
3週間って、1回分ずれちゃってるわけですから。
子供たちの卒園式・入園式・入学式…いろんなこと考えて予定立ててたのに。
予定通りにはいかないとは思っていたけどここまでくると不安と苛立ちがつのってしまい最近は主人とも喧嘩することが増えてしまっています。反省

主人の言い方や聞き返し方などが何だかイラッときてしまいついつい声をあらげてしまいます。
悪気はないんだろうけど…結婚してもうすぐ10年。ずっと改善してほしい部分ではありました。
私も今自分のことでいっぱいいっぱいで気持ちがグラグラしているんだろうなぁ。

早くこのFEC④リベンジネタから解放されたい…そんな気分です。
来週こそは

| 抗がん剤 | COM(12) | | TB(0) | |
2009-01-10 (Sat)
 すっかり遅くなってしまいましたが…あけましておめでとうございます門松
今年はみっちり放射線・抗がん剤治療の1年になるとは思いますが…どうぞよろしくお願いします。

年末のFEC④が風邪のため延期になってしまったおかけで(?)、年末年始はおいしく楽しく過ごすことができました
おかげで何だか顔が丸くなってしまいましたよ
はっきりいって食べすぎですね。

年明け早々、外来でしたが、血液検査の結果、白血球も正常値に戻ったし、炎症反応も治まっていたので…連休明けの13日(火)にFEC④リベンジです絵文字名を入力してください
この日は下の子の3歳児健診なのですが、代わりにパパさんに行ってもらうことにしました。
こういうことは全て今まで私の役目だったので、右も左もわからないパパさんに行ってもらうのはすごく申し訳ないし、ちゃんとできるか不安なんだけど…仕方ないですね。
本当は保健婦さんに色々と相談したいこともあるんだけど…仕方ないえーん

2009年に入り、二社参りしたんですが、今年はおみくじ引こうか引くまいか…ずっと悩んでました
なんて引いてしまったら本当に落ち込んで復活できなくなりそうだし、嫌なこと書いてあったらやだし…。
でも家族がみんな「引きなよびっくり」って言うもので引いてしまいました。
かろうじて凶からは免れたものの、「吉」と「小吉」でこれまた微妙でしょ落ち込み
私が1番気にしていた「病気」のところには、2つとも同じようなことが書かれてありました。
今年はやっぱり保養の年らしい。
敬神を怠るな…。
英気を養うとき。
健康診断を受けるとよい…。←もっと早く言ってほしかった涙
病気は軽く見えても馬鹿にならないものがあるから慎重に…。←まったくもってその通りですね。

とにかく今年1年、治療にしっかり専念できますように…とお参りしてきました
お参りの帰りに娘が「お母さんの髪の毛が早く生えてきますようにってお願いしたよ」と言ってくれたのには…本当に涙が止まりませんでした
がんばろう
この子達のためにもがんばろう
絶対に長生きしてやるっ
| 日々の出来事 | COM(8) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。