10≪ 2008/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-11-28 (Fri)
 寒くなったからなのか、傷や傷周辺がうずく今日この頃。
リンパ郭清(レベル3)もたくさんしているので、やっぱり腕は動かしづらいです。
冷えるとどうしても右腕が固まってしまい動きが悪くなります。
低体温はがん細胞が好むそうです。
私はすごく冷え性なので、こうしてパソコンに向かっている間も足と手先は冷えてかじかんでます無言、汗
足元は靴下しっかり履いてますけど、手先の冷えがどうしても…。
今度、指先が使えるハンドウォーマーでも探してみようかと思っているところです。

昨日は同じマンションのお友達の家にお邪魔しましたキラキラ
上の子3人が同じ年で幼稚園に通っているのでいつも顔を合わせる3人です。
ちなみに下の子も同い年で来年の4月から同じ幼稚園に通わせるのでまたまた長い付き合いになります。
病気のことも話してるし、色々と助けてもらっています。
お友達たちは、私がいつも元気にしているので感心しています(笑)
「こんなに元気で明るいのに、絶対に病気なんて誰もわからんよ!!」と言ってくれます。
「でも本当はきつくても無理してるときもあるんだろうけど…」とも言います無言、汗
お見通しですね。
でもこうして困ったとき助けてもらえるお友達が近くにいるのってすごく安心ですラブリィハート
お友達の家では、近所の方からいただいたお下がりの洋服を分け合ったりしました。
後はお茶しながらいろんな話。
下のチビたちは3人で遊んでました。

はっと気づけば幼稚園バスのお迎えの時間絵文字名を入力してください
楽しい時間はあっという間だねぇ。
また今度は上の子たちも交えてお互いの家で遊ぼうね。と約束。

我が家は今大変荒れてます。
散らかっているということびっくり
重たいものも持てなくなってしまったので思うようにできないことが多すぎ。
何とか片付けて娘の机を置く場所を確保しなければいけませんチューリップ
来春は大変な出費続きだね~、なんてパパさんと話してた数ヶ月前。
娘の入学で机にランドセル。チビの入園…車検にマンションの保険代…すべて重なるや~ん´д`トホホ
それに加えて私の医療費までプラスされるとは…アップロードファイル
本当に…癌は貧乏人のなる病気ではないbikkuri01ってくらい莫大な医療費かかりますね。
お金のこと、先のこと考えると気が重たくなってきたのでこの辺でやめとこっ絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
| 日々の出来事 | COM(9) | | TB(0) | |
2008-11-19 (Wed)
 昨日・今日とすっごく寒い福岡です。
ニュースでは雪が降っている映像も流れてましたが…皆さん風邪ひいてませんかはてな
そういう私も2度目の抗がん剤を受けてから約10日。
今が1番白血球の下がっている時期です。
うがい・手洗いを忘れずにしておかなければ!
病気してから…いや髪の毛がなくなってからはすっかり引きこもり状態です。
平日は幼稚園バスの送り迎えでマンションの下に下りることしかできてません´д`トホホ
まぁこの時期人ごみに出かけるのもわざわざ病気をもらいにいくようなものなんで避けるようにとは言われてますけどね。
それにしたってつまらない毎日落ち込み

だから気分の浮き沈みも激しく…最近は悪いことばっかり考えてしまい、子育てでもまたいけないストレス溜め込みぎみな傾向にあります。
下のチビ(2歳)に手を焼いてます。
上の子はもう言えばわかる年齢だし、私の病気のことも子供ながらに理解しようとしてくれています。
でもチビは……無言、汗
仕方ないのはわかってるんだけどね、私が乳がんになったストレスの原因っていったら、やっぱり子育てだったかもしれないなぁと…おもってしまわなくもないんですよね。
もちろん病気になってから、子供たちからパワーもらってがんばらなければ絵文字名を入力してくださいと思えているのはありますけど、その反面ストレスであったりもします。

自分の性格がだめなんだよね、きっと。
典型的ネガティブ思考な人間だったから。
学生時代と働き始めてから、神経性胃炎で2回入院したことありますし、考え出すと夜は眠れなくなりますしアップロードファイル
だから病気になったんだえーんなぁんて思いたくはないんで、これからは自分を見つめなおす意味で、強く・明るく前だけを見て歩いていかなければ上

乳がんは切り取ったら終わりピース
そんな簡単なものではありません。
ある意味これからが始まりなんです。
再発・遠隔転移との恐怖とはこれから長いつきあいになりますもの。

昨日からお尻が痛くなり、骨転移じゃないかって不安になっている私です。
胸骨がピキピキ痛くて傷も痛くて…急に寒くなったせいにしたいんですけど…不安です(;ヘ;)
| 日々の出来事 | COM(6) | | TB(0) | |
2008-11-15 (Sat)
 回想記事を書くのも全然追いつかず、相変わらずののんびり更新になってます ̄□ ̄
今回は近況報告でも。

私のこれからの治療予定。
まずは前半戦はFEC6クール。
その後放射線治療をはさみ、後半戦はタキソテール6クールの予定です。
全摘したにもかかわらず、胸筋にも結構癌細胞が入り込んでいるということでの放射線治療。
抗がん剤もトータル12クールの9ヶ月という長いものではありますが、一つずつ一つずつ回を重ねれば終わりが来るんだ…と自分を励ましつつがんばっていっているところです。

10月20日に第1回目のFECを受けてきました。
それと同時にポート埋め込み手術も行ったのですが、これがまたくせものでして。
1週間左腕の激痛と熱で苦しんだのですが、何とか私の粘りがちで嘘のように症状も治まりました。
おかげさまで第2回目のFECを11月10日に受けることができましたkao04

1回目のときは副作用もそこまでひどくなかったのが幸いでした。
が、ポートの炎症の方でかなり辛い目にはあいましたが・・・。
2回目も副作用が軽く済めばいいのに~とおもっていましたが、今回はそうもいかず、病院で夜中戻してしまいました。
でもそれ以来戻しはせず、むかむか感はあったものの、そこまでひどくはなりませんでした。
今日まで来るとむかむか感もすっかり治まり、食欲も戻ったので何でも食べれちゃいますv
だから痩せるどころか太ってしまいそうですよ。

頭の脱毛は思いっきり進んでまして…もうすっかり落ち武者状態ですびっくり
肩下まであった髪の毛も最初の抗がん剤から2週間経ったころにずるずると抜け始めました。
私は事前に短く切っておかなかったもので、お風呂の後処理が本当に大変でした。
でも3週間もすればもう抜け落ちる髪の毛も減ってきて処理もずいぶん楽になりましたけどね。
ということはもう抜け落ちる髪の毛がそんなに残ってないということなんですけどね ̄□ ̄
今は外出時はウィッグと襟足だけのウィッグ&帽子で過ごしています。
だけどまだ外にウィッグだけで出かけるのがどうしてもなじめません。
買い物をしてても、何をしてても、みんなが自分の髪の毛を"かつらだ~"という目で見てる気がしてしまいついつい伏し目がちで歩いてしまいます。
家の中ではバンダナ帽子やニット帽なんかで過ごしてます。
まだ主人や子供たちの前でこの頭を披露する勇気がありません(笑)

これから幼稚園行事に出かけるのがすごく苦痛な私ですおちこみ
| 乳がん | COM(8) | | TB(0) | |
2008-11-01 (Sat)
つぼみろーず2太針生検
 8月12日(火)
今日もパパさんに休みを取ってもらい車で病院まで送ってもらう。
緊張のあまり、この3日間はろくに眠れず、精神的にもまいっていた。
病院に着いたら怖くて車からなかなか下りることができなかった。
足がふるえ、呼吸が苦しい。
何度も何度も吐きそうになった。
パパさん・子供たちに何とか見送られ、病院に入る。
朝一番の予約だったので私が一番乗りだった。

検査着に着替え、いきなりの処置室に通される。
準備をしながら看護師さんが検査の説明をしてくれる。
「痛いですかはてな
ベテラン風の看護師さんが言うには、局部麻酔をするから痛くないとのこと。
局部麻酔と聞いて怖くなった。

忙しそうに先生がやってきて早速始まった。
エコーでしこりを確認しながらその部分に太い針を刺す。
痛みはないけど胸に何かをグイグイ差し込んでいる感覚が何とも気持ち悪いし怖い。
的を絞ってエアガンのようなものをバンッ→
一瞬でしこりの細胞をとらえる感じだ。
これがまた痛くて、麻酔を打たれるのも痛くて…とにかく目を閉じていた。

乳頭の上と脇の方に2ヵ所太い針を刺されて、計6回くらいバンバンされた落ち込み

検査結果が出るのに10日くらいかかるとのこと。
ましてやお盆休みが入るから2週間後くらいに結果を聞きに来て下さいと言われ先生は次の患者さんのもとへ。
麻酔が切れ始め、痛みが強くなってくる。
出血がひどく、腕置きにしていた枕や検査着を血で汚してしまった。
止血のためベルトでしばらく胸を固定され横になっていた。

化膿止めと痛み止めを出してもらったが、あまりの痛みにその場で痛み止めを飲ませてもらう。
動くのもしゃべるのも笑うのも辛いくらい痛かった。
とりあえず近くで時間を潰していたパパさんに連絡をして迎えに来てもらった。

今日の検査代 8,810円(保険適用)
お薬 510円

予想外の出費だったので近くのショッピングモールでお金を下ろすことにした。
そんな時に偶然同じマンションの友達と出くわしてしまう。
"うわぁ~、なぜ今このとき…"
と思ったけど、無視するわけにはいかないので…精一杯のつくり笑顔と元気さをアピールしながら他愛もない話をしていた。
でもすぐに異変に気づかれてしまった。
今までの経緯と、今日詳しい検査をしてきたことを話した。
人目を気にせず二人で泣いた。
道行く人は不思議そうな顔して私たちを見てたけどkao04

結果が出てみないとわかんないからsnと気丈に笑ってバイバイした。
彼女とは子供が同じ幼稚園に行ってて仲良し。
毎日顔を合わせるので隠すことはできない。
のちに、彼女は私の大きな心の支えになってくれる。

太針生検をするということは悪い可能性があるということ…覚悟はできていたはずだけど、やっぱり気持ちのどこかで何かの間違いであってほしいと思ってた。
3日間くらいは痛みとの闘い。
腕も上げることができず、力も入らない。
家のこと何もできず、生活はボロボロ。気持ちもボロボロ。
子供たちにもかわいそうな思いをさせた。

それからの1週間は精神的にしんどかった。
考えることは悪いことばかり。
2週間すると傷の痛みも和らいで気持ちも少し前向きになっていた。
「ただの乳腺炎に決まってる。私が癌になるわけがないっ!
タバコだって吸わない、お酒だって付き合い程度。体にいいものたくさん摂ってきた。」
そう思って過ごした。
そう思わないとだめになりそうだったから。
| 乳がん | COM(5) | | TB(0) | |
2008-11-01 (Sat)
 つぼみろーず2検査
 8月9日(土)
パパさんに休みを取ってもらい、予約を入れた乳腺クリニックへ向かった。
幼稚園は夏休み。
病院で私を下ろした後は、子供たちと近くのショッピングモールで時間を潰しててもらうことにした。

問診票を記入して、上半身だけピンク色の検査着に着替え、待合室で待つこと約20分。
看護師さんの簡単な問診の後、初めてのマンモグラフィー´д`トホホ
聞いていたとおり…いや、それ以上に痛かった泣
2人の子供を産み、役目を終えたといわんばかりに見事にしぼんで垂れた私のおっぱい。
検査技師のお姉さんがこれでもか!これでもか!と言わんばかりに乳周辺のお肉をかきあつめ寄せ集め撮影板に乗せます。
その上から透明のプラスチック板でぺっちゃんこになるまではさみますアップロードファイル
左右それぞれ2枚ずつ、計4枚撮りました。
痛さと緊張でわきに汗びっしょりかいてた私です絵文字名を入力してください

次はエコー(超音波検査)。
電気が消された暗い部屋でこちらも女性技師が検査をしてくれました。
しこりがある右胸はすごく念入りに調べられました。
ゴリゴリしたしこり部分を押さえてはプリントアウトのボタンをピッsn
「やっぱりあるんだな…しこりが…」
ゴリゴリされるたびに痛みを感じながらも何とか耐えました。

数十分後、最後に先生の部屋に通された。
先生からは気になるしこりが2箇所あると告げられた。
1つは乳頭の上。
もう一つはわき下のリンパ。
乳がんがリンパに転移し、そこから体のどこかに遠隔転移する恐ろしさをインターネットで調べていた私はドキッとした。
しこりに気づいてからこの日の検査までの間、インターネットで乳がんについてたくさん調べた。
今はまだ見なくていい、知らなくていい情報まで…無言、汗

とりあえず次回、組織を注射で取ってみて細胞を詳しく見てみないと何とも言えないということで、3日後に次回の予約を入れて帰った。
今日検査して"ただの乳腺症ですよ"で終わると思っていたのに。
私の心は何だか穏やかではなくなった。

今日の検査代 3,390円(保険適用)
| 乳がん | COM(0) | | TB(0) | |
2008-11-01 (Sat)
つぼみろーず22008年8月はじめ 
 以前からテレビ番組なんかで乳がんの自己検診法なんかを目にするたびに自分の胸を触ってはいた。

「ん?何か硬い?」

なんて思うときもあったけど、実際にしこりがどんな風に手に触れるのかなんてわからない。
肉まんの中の梅干し…を探すみたいなことを言ってた番組もあったよね。
そんな番組を見ながらも「へぇ~、ふぅ~ん」で終わっていた。
だってまさか自分の胸がそんなことになるだなんて100%考えてもみなかった。
"検診に行きましょう"なんてことを言われても「行かなきゃいけないよねぇ」で終わってた。

市の検診が40歳からしか受けられないから、40歳から受ければいいんだ。
34歳の私はそう思っていたわけなんです。
今考えれば40歳まであと6年…このまま放置していたら…気づかなかったら…私きっと大変なことになっていたと思うと…考えただけでぞっとします。

胸の異変に気づいたのはお風呂。
右手に持ったシャワーを高く上に上げた時、右胸が何だか引っ張られるような、ひきつりを感じました。
そして痛みも絵文字名を入力してください
2日くらいそんなことが続いたのでパパさんに相談してみました。

「ええぇぇっアップロードファイル筋肉痛やないとはてな

あぁ~、なるほど。そうかも…。
1度は安心したものの、何だかいつもとは違う心の動揺。

「ちょっと気になるから1回検査受けてみるよ。」

「そうやなぁ。お前ももういい年やし、1回くらい受けてみとかんとな。何もなかったらそれで安心やし。」

というわけで翌日隣の市にある有名な乳腺クリニックに電話をし8月9日(土)朝一番で予約を入れた。
本当なら明日にでもすぐ行きたかったけどパパさんの休みが取れなかったから。
子供2人いると自分のために病院なんてなかなか足を運べないのが現実です。

当日は保険証と上下分かれた服装で来てくださいとのこと。
土曜日までの数日間…気が気じゃなかったけど痛まない日もあったりで、「やっぱり気のせいであってくれ~」と心の中で毎日叫んでいましたアップロードファイル
| 乳がん | COM(2) | | TB(0) | |